HAPPYCOFFEE.NET

コーヒーで毎日にちょっぴり幸せを・・・をコンセプトに、とあるカフェの店長がお客様の質問にひっそりと答えるブログ

未分類

コーヒーを買う時の自分好みの豆の探し方 

投稿日:2018年1月16日 更新日:

お疲れ様です。店長のすーです。
あなたははコーヒー豆を選ぶ時に何を基準に選んでいますか?
私が普段接客して思うのは、おそらく商品名で選んでいる人が多いな~と言う事です。
何となくすごそうなネーミングのコーヒーを買ったものの、好みの味と違った・・・という人も多いはず。
量り売りコーヒー豆のお店など、店員さんがいて手取り足取り教えてもらえるお店なら聞くのが一番手っ取り早いです。(私みたいな小心者は聞いたら絶対買わないといけないと思ってしまうので聞きませんが・・・)
でもスーパーなどで購入する時は誰も教えてくれません。
そこでコーヒーを選ぶ際のポイントをアドバイスしたいと思います。

私は味を決める一番の要因は焙煎度にあると考えています。
全てが単純に当てはまるわけではありませんが、焙煎度が浅ければ、軽めのライトテイストで酸味を感じやすい、あっさりとしたイメージ。
焙煎度が深ければ、重ためのビターテイストで苦味を感じやすく重厚感のある(ボディの厚い)コク深いコーヒーと言えます。
同じ豆であっても焙煎度が違うと全然違うイメージのコーヒーとなります。
ですので豆の銘柄で選ぶより、まずは焙煎度から選ぶ事をお勧めします。
パッケージの裏などに焼き加減が記載されていると思いますので一度気にしてみて下さい。

次に国によってそれぞれ特徴があるわけですが、まだ好みの豆の味がわからない時はブレンドタイプのコーヒーを選んでいただくと失敗が少ないです。
一か国の豆ではその国の特徴が良くも悪くもはっきりとでています。
そのとがった特徴を丸く収めたイメージがブレンドタイプのコーヒーと言えます。
もちろんブレンドの仕方次第で豆の特徴はそのままに、違った味を表現したりもしますが市販のブレンドタイプのコーヒーは飲みやすいようにブレンドされていると思います。

そして色々なブレンドのコーヒーを飲み、パッケージの裏を見てはどこの国の豆が使われているか確認。おいしいと思ったコーヒーに共通してよく使われている国の豆があれば、その国の豆をストレート(一か国のみのブレンドではない豆)で挑戦してみると良いでしょう。

よくブルーマウンテンのNo.1をみて、やっぱり高いだけあっておいしいの?と聞かれますが「お値段=おいしい」ではありません!といつもお答えしています。
基本的には希少価値であって、需要と供給のバランスで値段がついています。値段が高いから美味しいのではなく、結局は好みです。
ただ、それだけ厳しい基準にクリアした豆ですのでいい豆であることは間違いないでしょう。

-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豆の保存方法 冷蔵?冷凍?

コーヒー教室をしていても必ずと言って良いほど聞かれるのが豆の保存の仕方についてです。そして皆さん、「保存は冷蔵庫がですか?その場合冷蔵ですか?冷凍ですか?」と聞かれます。 私の結論としましてはどちらで …

カフェインレスとデカフェ 苦味と濁り

カフェインレスとデカフェ、似て非なるこの二つ。・・・そう、寝ているんじゃない、目をつぶっているだけ・・・と言ってうとうとしていたら怒られ、気づけば明け方、ゴソゴソと布団に入る・・・どうも!店長のすーで …

自己紹介

いつかは自分のお店が持てたら・・・とコーヒー屋さんに転職した、30代・妻子持ちの若造です。 九州のとある県の小さなカフェで店長をしています。   サービス業であるが故、拘束時間が長く土日も出 …

ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ

報告が遅くなりましたが、ジャパンハンドドリップチャンピオンシップに参加して予選の一回戦ですぐ敗退してきました店長すーです! ジャパンハンドドリップチャンピオンシップとはスペシャリティコーヒー協会主催の …

コーヒーミル 手挽き?電動?どっちが良い?

先月誕生日だったので、ダメもとで奥様に電動のミル(カリタのネクストG)が欲しい!と言ったら「いくらするの?」と言われ「定価で59400円です・・・」と答えそのまま会話が終了した店長ことすーです! 「手 …