HAPPYCOFFEE.NET

・コーヒー好きなあなたに毎日ちょっぴり幸せをお届け・ 題してHAPPYCOFFEEプロジェクト

コーヒー豆・抽出

コーヒー豆の飲み頃は?焙煎から何日?

投稿日:2018年4月17日 更新日:

なんでも焼きたてがうまい・・・。冷めたならレンジでチンしたらいつでも熱々出来立て気分、食パンなんてさらにトーストで焼いちゃうし・・。

ところがどっこいコーヒー豆は焼きたてより数日寝かした方がおいしいのです。

概ね焙煎から3日~14日間くらいが飲み頃でしょう。ただし焙煎プロファイルや焙煎度などによって飲み頃は変わります。私一個人の思い込みもあるかもしれませんが・・・

焼きたては抽出しにくい

まず焼きたての豆より少し寝かした方がいいと思う理由に、豆から放出されている炭酸ガスがあります。コーヒーを抽出する時に豆を蒸らしますが、その時ドーム状に膨らむのはこの炭酸ガスが豆から抜け、下から押し上げているからです。

炭酸ガスは焙煎後をピークに徐々に抜け出ています。焙煎から日がたち、炭酸ガスがほとんど抜けきってしまった豆は、お湯をかけて蒸らしてもまったく膨らみません。当然お湯のかけすぎや、極浅煎りの豆などは膨らみにくいので一概には言えませんが、焙煎したてかどうかの目安にはなります。

では焙煎したての豆にお湯をかけ蒸らしますとどうなるか、今度は炭酸ガスが勢いよく抜けていき、綺麗なドーム状になるどころか「ボコボコ」とマグマのように大きな泡が出てきて、せっかくのドームを崩してしまいます。さらに場合によっては膨らみ過ぎてドームが「カスカス」になってしまいます。お湯を注ぐとドームが崩れていってしまい安定した抽出ができません。なので数日寝かして炭酸ガスを抜く=落ち着かせる方が抽出しやすいです。

 

短時間焙煎と長時間焙煎

同じ焼き色であっても何分・何度で焙煎したかによって飲み頃は変わると考えています。単純に高温でいっきに短時間で焼くと香りは強いがその分早く香りが飛んでいってしまいます。逆に低温でゆっくり時間をかて焼くと香りは弱いですが長持ちします。

 

直火型焙煎機と熱風型焙煎機

当店の豆は直火型で焼いています。直火の場合、回転ドラムに小さな穴が開いており、下に落ちてしまったチャフは火にあぶられます。その結果スモーキーな香りが豆に移ります。煙くさい感じです。熱風型の場合、回転ドラムに穴は開いておらず、熱風で飛ばされてしまいますのでチャフの影響は受けません。なので直火型の方はスモーク香が抜けてからが飲み頃です。

 

浅煎りと深煎り

浅煎りタイプの方が単純に焙煎時間も短いですし、直火型であってもチャフの影響も少なく、飲み頃目安は3日目くらいから。深煎りタイプはそれだけ焙煎時間も長く、チャフの影響も受けやすいですので飲み頃目安は5日目くらいからがおいしいと思います。

 

まとめ

飲み頃まで・・・

一番早いので熱風型焙煎機で短時間高温焙煎の極浅煎りの豆の場合、焼きたて~10日目程度

一番遅いので直火型焙煎機で長時間低温焙煎の極深煎りの豆の場合、10日~20日目程度

が個人的に抽出も安定じ、味もまろやかでおいしいと思います。ただ20日を過ぎたからおいしくない!というわけではなく、どこまでをOKとするかで変わってきます。一つの目安としていただければ幸いです。

 

(×_×)すーの独り言

冷蔵庫の中で凍りかけた愛を温めなおすのにもレンジが便利です。でも気を付けないと爆発していしまいますよ・・・

-コーヒー豆・抽出

関連記事

カフェインレスとデカフェ 苦味と濁り

カフェインレスとデカフェ、似て非なるこの二つ。・・・そう、寝ているんじゃない、目をつぶっているだけ・・・と言ってうとうとしていたら怒られ、気づけば明け方、ゴソゴソと布団に入る・・・どうも!店長のすーで …

コーヒーを買う時の自分好みの豆の探し方 

お疲れ様です。店長のすーです。 あなたははコーヒー豆を選ぶ時に何を基準に選んでいますか? 私が普段接客して思うのは、おそらく商品名で選んでいる人が多いな~と言う事です。 何となくすごそうなネーミングの …

人生色々、モカにも色々

先日豆のショーケースの前で立っているとお客様に「モカ下さい」と言われたのでストレートとブレンドもありますよ~と答えたら「・・・甘いやつ」と言われピーン!ときたすーです!カフェモカの事だな・・・と思って …

豆の保存方法 冷蔵?冷凍?

コーヒー教室をしていても必ずと言って良いほど聞かれるのが豆の保存の仕方についてです。そして皆さん、「保存は冷蔵庫がですか?その場合冷蔵ですか?冷凍ですか?」と聞かれます。 私の結論としましてはどちらで …

コロンビアマイルド

先日お昼ご飯を食べ終わり、少しボケーっとしていたら、お客様から「最近のコロンビアは昔よりおいしくなった」と言われ、ビクッ!としたすーです。 突然ですがコロンビアマイルドとはコーヒー取引上の分類用語の事 …